こばやし皮膚科クリニック 北九州市八幡東区高見

メールからのお問い合わせはこちら

お問い合わせは TEL 093-654-2200 受付時間/09:00〜18:00

その他皮膚病|疾患について

尋常性乾癬

白い皮膚の粉(鱗屑)が付いた大小の赤い斑点ができる病気です。遺伝的要因、生活習慣が関与することが知られています。当院ではステロイド外用剤やビタミンD3外用剤を中心として、免疫抑制剤内服または紫外線治療を行っています。全身に皮疹ができたり、関節痛があるような重症例の場合には効果が不十分なことがあります。重症例には、病気の原因物質をピンポイントで抑える薬(生物学的製剤)が有効です。当院では生物学的製剤を使いませんので、必要な場合は使っている総合病院への紹介を行います。

白斑

皮膚の一部の色が、他の部分より薄くなっていたり、白く抜けていたりする状態です。尋常性白斑、加齢による白斑、皮膚炎やケガの後遺症による脱色素斑、そのほか白斑のように色が白っぽく見える皮膚病もあります。それぞれ可能な治療や対処方法が異なります。
尋常性白斑に対しては、塗り薬による治療と紫外線治療を行っています。

鶏眼(ウオノメ)、胼胝(タコ)

当院では痛みをやわらげるために、厚くなった角質を削る処置を行います。処置うまくできない場合や、痛みが取れにくい場合には、塗り薬や貼り薬をおすすめしています。また、ウオノメやタコと思っていても、実は別の皮膚病が隠れていることもあります。

Copyright © Kobayashi Dermatology Clinic. All Rights Reserved.