こばやし皮膚科クリニック 北九州市八幡東区高見

メールからのお問い合わせはこちら

お問い合わせは TEL 093-654-2200 受付時間/09:00〜18:00

蕁麻疹(じんましん)|疾患について

当院の治療方針

  • 症状が落ち着くまで、内服薬で治療します。
  • 症状が強い場合には、注射を行うこともあります。
  • 塗り薬はかゆみを一時的に軽くしてくれますが、塗り薬だけでは蕁麻疹の症状を抑えられません。
  • 症状が1ヶ月以上続いている慢性じんましんの場合は、内服薬を長期間続けます。
  • 薬を内服しても症状が治まらない場合は、薬の種類を変えたり、量を増やしたりします。
  • じんましんの症状が悪化する原因や刺激を避けるようにします。

ケアのポイント

  • 内服薬で症状がおさまっても、すぐに飲むのを止めず、指示があるまで続けてください。
  • 急性の蕁麻疹を繰り返す場合は、原因として何か心当たりがないか、さがしてみてください。

じんましんについて

多くの場合は原因がはっきりしませんが、一部で原因が分かる場合もあります。特定の食べ物や、環境や動物に触れた後に出てくるアレルギー性のじんましんでは、血液検査で原因を確認することができます。皮膚をこすった部分に出る人工じんましん、冷たい刺激で出る寒冷じんましん、かぜをひいた後にでてくる感染性じんましん、汗をかくと出るコリン性じんましんなどがあります。特殊なじんましんとしては、くちびるやまぶたが赤くはれる、血管性浮腫、解熱鎮痛剤を内服すると出るじんましんなどがあります。

食品に含まれる成分で、じんましんを起こしやすいものもあります。生しいたけを食べた後にでてくるシイタケ皮膚炎は、じんましんに似ています。また、鮮度のおちた魚(とくにヒスチジンを多く含むサバなど)を食べて「あたった」場合に、じんましんが出ることがあります。

Copyright © Kobayashi Dermatology Clinic. All Rights Reserved.