こばやし皮膚科クリニック 北九州市八幡東区高見

メールからのお問い合わせはこちら

お問い合わせは TEL 093-654-2200 受付時間/09:00〜18:00

レーザー治療|疾患について

当院では、茶あざ、青あざ(メラニン色素のあざ)に対するレーザー治療を行っています。しみなどの自由診療で行うレーザー治療についてはこちらをご覧下さい。

Qスイッチ付きアレキサンドライトレーザー

あざのレーザー治療に用いるレーザーです。1回の治療では完全に消えないため、治療は複数回必要です。治療の間隔はおおよそ半年に1回で計画しますが、経過をみながら3ヶ月から1年の間で行っていきます。しみなどの自由診療で行うレーザー治療ついてはこちらをご覧下さい。

治療対象

上記の疾患に対しては保険で治療ができますが、扁平母斑は保険適応外です。
また、赤あざ(血管によるあざ)に対するレーザー治療は行っていません。

Qスイッチ付きアレキサンドライトレーザーによる治療のながれ

  1. 診察のうえ、レーザー治療の対象であるかを診断します。
  2. 当院でレーザー治療が行える場合は、治療について説明し、治療の予約をします。(当院のレーザーでは治療ができない疾患の場合は、他施設をご紹介させていただきます。)
  3. 治療予約時間の約2時間前に来院し、洗顔後、記録の写真を撮ります。
  4. その後、表面麻酔の処置を行います。
  5. 予約時間になりましたら、レーザー室で準備を行います。お声をおかけしますので、お待ち下さい。
  6. レーザー光が目に入らないように、アイシールドを載せます。
  7. レーザー照射中は、レーザーによる衝撃を感じます。また、目を閉じていても光を感じることがあります。アイシールドをしていても、しっかり目を閉じていて下さい。
  8. レーザー照射中、痛みがつらい場合は、遠慮なく声をかけて下さい。
  9. レーザー照射後は、皮膚の状態をチェックし、速やかに冷却します。
  10. 鏡を見ながら、自宅での処置を説明します。
  11. 軟膏を塗布し、ガーゼで照射部を覆って終了です。
  12. 帰宅後も、レーザー照射部のほてりは、保冷剤などで十分冷やして下さい。
  13. レーザー照射部には、痂皮(かさぶた)ができたり、内出血を起こしたりことがあります。痂皮はおよそ2週間で自然にとれます。
  14. 2週間後に照射部の経過を確認のため受診していただきます。その後も経過をみるために定期的に診察があります。
  15. レーザー治療後は、痂皮(かさぶた)がとれた後に、一時的にアザが元の色より濃くなることがあります。2回目以降の治療は色の経過を見ながら計画します。

レーザー治療のQ&A

Q.レーザーは痛いですか?
A.表面麻酔の処置を行ってからレーザーを照射しますが、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みがあります。
Q.レーザー後に化粧はできますか?
A.レーザーを照射した後の皮膚は、レーザーの熱エネルギーでやけどと同じような状態になっています。塗り薬をぬって、保護しておく必要があるので、治療した部分に化粧はできません。当院では、治療後2週間は保護してもらうようにしていますので、通常通りのメークは難しいです。治療した部分のほかは、ファンデーションなどを使ってもらって構いません。

その他のレーザー

Copyright © Kobayashi Dermatology Clinic. All Rights Reserved.